岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  2者面談?3者面談?(松波)

BLOG
羽島校
2020/11/21
2者面談?3者面談?(松波)

明日成羽島校では、現在、保護者面談期間中です。

 

面談の申込は、生徒たちに申込用紙を配布してありますので、

そちらの用紙を提出して頂くか、LINEで直接申込をして下さい。

 

「あれ?申込用紙見てないよ~」と思われた方は

カバンの奥底に眠ったまま渡っていない可能性がありますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

子ども達のカバンの中を探ってみて下さい。

 

 

基本的に講師と保護者の2者面談もしくは、生徒も含めた3者面談で行います。

 

時折、

「2者面談よりも3者面談の方が良いのでは?」

という質問もありますが、

 

双方にそれぞれの良い点があります。

 

3者面談は、

面談の中心になる当事者(生徒)がいるので、本人に直接話ができる点があります。

もちろん勉強に関する話をアツく語っても、親が勉強するわけではないですからね。

やはり、面談に当事者がいる方が話が早く伝わります。

 

しかし、私達は日頃から生徒たちと勉強の話や進路の話をする機会が多いため、

改めて保護者のいる前で、以前に話した内容の繰り返しになることもあります(;^ω^)

「この前、話したことだけど、、、」

なんて会話もしばしば、、、。

 

2者面談は、

当事者がいないので、本人に気にせず話ができるという点があります。

意外と塾で起こったエピソードなどは、本人を目の前にすると言いにくいこともあります。

生徒たちからすると、

「うわ!そんなやり取りのことまで言わないで!」

と思われるようなこともサラッと言ってしまいます(。-`ω-)

 

どの子にも、大なり小なりエピソードがあります。

塾で聞いた話は、親さんの心の中にそっと閉まってもらうも良し。

面談を経て、お家で子どもとじっくり話をする時間を作るも良し。

 

どちらにもそれぞれ良い点はあると思います。

比較的に受験生は3者面談の方が良いかな?と思う所はありますが、そこは、ご家庭の判断にお任せします。

 

色々なエピソードを準備して、お待ちしております(●´ω`●)

ブログ一覧に戻る