岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  記述式??(浅野)

BLOG
鏡島校
2019/12/05
記述式??(浅野)

荒れにあれた大学入試改革の目玉だった英語の外部試験導入の見送りからはや一か月。

今の高校2年生は安心して受験勉強に取り組めるかと思いきや、
数学と国語は記述を導入することについてはこのままになりそうです(*_*)

またまたどこかで大どんでん返しがあるかもとハラハラしております( ゚Д゚)

そんな近未来的な入試に備えて、福岡県のある中学校では
・自習ノートの持ち込み可
・問題はほぼ記述

という画期的な(子供たち泣かせな)定期テストが行われたようです。
詳しくはこちら

コラムの見出しを考えたり、ある社会問題に対しての意見を記述する、
といった問題が出題されたとのことです。

ノートの持ち込みは大学では広く知れ渡っていますし、
明らかに勉強したこ子とそうでない子の差がさらに広がるのかな~と感じました。

まぁそれはいいとして、
記述の問題を増やすことは、それこそいま文科省でも問題になっている
記述問題の採点基準がはっきりしていないと、
採点する先生も子供たちも困惑すること必須です。

さらに教科書に準じた問題なら模範解答は存在しますが、
正解が複数存在するような問題にどう対応するかということについては、
対策のしようがないわけではないと思いますが、
現場の先生方の仕事量は普通の定期テストに比べれば比にならないことでしょう( ゚Д゚)

はてさて来年度の大学入試はどうなるのか、
中学・高校の定期テストのこれからはどうなるのか、
今後の動向に要注意です!!

鏡島校 浅野宏明

ブログ一覧に戻る