岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  読書の長月(のぶや)

BLOG
鏡島校
2020/09/19
読書の長月(のぶや)

ようやく気候が暦に追いついたようで、随分と過ごしやすい季節となりました。

夜の時間も長くなってきましたね。まさに長月といったところでしょう。

 

夜は静かですから読書がはかどります。

最近読んだ中でダントツに面白かったのは、SF小説の「三体」シリーズです。

中国のSF作家である劉慈欣による長編の作品で、大変読み応えのあるものでした。もちろん日本語訳版です。笑

 

(ハードカバーむき出しで読む派です。)

 

SFというと、理系が好きそうという印象があると思いますが、

これはそんな理系文系だなんて小さな枠にとらわれるようなものではありません。

歴史、科学、政治、哲学、文学、、様々な要素が織り込まれています。

 

高校生の時、英語で勉強したレイチェルカーソンの『沈黙の春』が出て来たり、

倫理で勉強したコペルニクスやアリストテレス、荀子など、

これらが誰か分からなければ、ここの意味は分からなかっただろうな、と思う場面も何度かありました。

まじめに勉強していてよかった。

 

逆に、文化大革命の最中にある中国から話は始まるのですが、

お恥ずかしいことに、文化大革命が何なのかこれを読んで初めて知り、勉強しました。

 

読み切るには、かなり体力が必要ですがお勧めしたい作品です。

是非、みなさんも読書の長月にしてみてください。

 


p.s.

当然のことながら登場人物のほとんどが中国人なので、名前を覚えるのが大変でした。

マンガの『キングダム』でも同じ思いをしています。

ブログ一覧に戻る