岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  自信を育てる(大西)

BLOG
羽島校
2021/02/23
自信を育てる(大西)

現在、明日成の小学6年生の算数では中学1年生の「正負の数の計算」を

 

学んでいます。次から四則計算に入るところまで進んでおります。

 

英語も中学の範囲を学んでいますから、中学スタート時には周りの子

 

より知識のある状態でスタートが切れるわけです。

 

もちろん、学校には学校の教え方がありますから、知っているから

 

といって、不真面目に授業を受けることなく、別の側面を学ぼうと

 

いう姿勢で受けてほしいと思います。

 

中学生の勉強に不安を感じている子は少なくありません。

 

自分はついていけるのか、どうやって勉強したら良いのかなど、

 

そういった不安を少しでも取り除いてあげたいとの思いから先取り

 

授業をしています。

 

それでも、中学の勉強ですからやっていてつまづいてしまい、

 

逆に心配になる子も中にはいますが、そういう子には

 

「大丈夫!知らない事をやっているから周りよりは先に進んでいるよ」

 

と声をかけてあげます。そうすると少し和らいだ表情になります。

 

自信を育てるのはこういった、地道な努力に他なりません。

 

その努力をしたからこそ「自」分を「信」じることが出来るのです。

 

上記の子たちは4月には「私はあれだけ頑張ったから大丈夫だ!」

 

という自信が少しでもついた状態で中学スタートを切れることでしょう。

 

自信を育てることが出来るのは、その人自身の努力によってのみです。

 

この「努力」という点でいうと、無駄な努力はありません。

 

よくテスト勉強をしている子で

 

「テストに出なかったから、勉強しても意味がなかった」

 

と言っている子を見かけます。そういう子は効率重視の勉強ばかり

 

追い求める傾向があり、結果が出ないと勉強をしなくなることが

 

多いです。また、効率を重視するあまり「考える時間」を無駄と

 

してしまうため、すぐに人に答えを聞く、見る癖がついてしまっ

 

ています。

 

よほど記憶力のある子でない限り、そのような勉強法ではすぐに

 

覚えたことを忘れてしまうでしょう。物事は考える時間をしっかり

 

とり、自分で導き出すからこそ記憶に残りやすくなりますから、

 

何度だって間違え、その都度考え正解を導ければ良いと思います。

 

実はこういう勉強法の方が時間はかかりますが、後々受験期に

 

は実を結び、その人に大きな自信となって返ってくるのです。

 

テストで出なくても、その人の「教養」となって、深みのある

 

人間になるので、魅力的な人物となりこちらもちゃんと返って

 

くるのです。

 

こういうことをしたら、こういう結果になる。そういう道筋を

 

知らないとやろうとしない効率重視の考え方はやめましょう。

 

そういう人は「あの人がこうやって言ったけど出来なかった」

 

などと、出来ない理由を人のせいにしがちです。そういう人

 

には自信のつく勉強は出来ません。自分の考えた行動だからこそ

 

自分に責任を感じることができ、責任を感じるからこそ次の改善

 

した行動に繋がり、それを繰り返すことで確固たる自信が育まれ

 

るのです。その方が考えていて楽しくないですか?

 

目先のテストのための勉強ではなく、本当の自信をつけるための

 

勉強をコツコツしていってほしいと願います。

ブログ一覧に戻る