岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  最初のテストの重要性

BLOG
長良校
2019/05/20
最初のテストの重要性

 

最初のテストが重要なのは言うまでもないことですし、

もちろん、どのテストも重要なのは間違いのないことだと思います。

 

 

ただその中でも、やはり最初のテスト、

更に言えば、仮に年4回あるとすれば3年間計12回の初回、中1・高1のテストの重要性は殊更です。

 

 

 

 

『人は見た目が9割』なんて本が以前流行りましたが、

この初回のテストが皆さんの【見た目】、【印象】を周りや先生に植え付けます。

 

 

「この子は頑張ってできる子だな」

 

「きっちり提出物を完璧に仕上げてくるな」

 

 

などといった好印象の子もいれば

 

 

残念ながら

 

 

「この子は○○が苦手なのかな」

 

「全然提出物ができていないじゃないか」

 

 

などと言った印象も植え付けてしまう恐れがあります。

 

 

 

もちろん、第一印象だけが全てではありません。

ただ、その第一印象でスタート地点が変わってしまうのはもったいない気がします。

 

 

 

 

 

 

最初のテストの重要性は、なにも人からの印象の面だけではありません。

 

 

初回のテストで高得点、上位の順位をとることは、自身のモチベーションとプライドにつながります。

 

 

「これだけ頑張れば、○○点取れる!」

 

「次もクラス1位を絶対にとる!」

 

 

といったように、この印象は次回の自分の頑張りにつながります。

 

 

逆もまた然り。

 

 

「△△点だったし、数学が苦手なのかも」

 

「前回全然だめだったし、もういいや」

 

 

といった苦手意識や、変に卑屈になってしまう可能性もあります。

苦手意識を持って授業や勉強に取り組んでも、そうでないときの半分以下しか身についていきません。

 

 

 

単純に考えれば年4回のうちの1回、3年計12回のうちの1回かもしれませんが、

この1回の持つ意味は計り知れません。

 

 

 

今どうすべきなのかは、言わなくても理解してくれると思います。

一番重要な最初のテスト、一緒に頑張っていきましょう。

ブログ一覧に戻る