岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  将来の大学は、

BLOG
加藤 健一
2019/06/12
将来の大学は、

名古屋大学と岐阜大学が、

業務提携という形に至ったとの

報道がなされておりました。

国公立大学どうしの提携が、

これからどういう形になるのかが、

注目されております。

この話は、東海地区の将来の大学の

あり方を模索する為に、名古屋大学が

発案したものです。

そこに岐阜大学が手を挙げ、賛同して、

今回の合意に至りました。

 

岐阜大学にとっては、願ったり、叶ったり

です。他の東海地区の国公立大学は、

『メリットがわからない。

名古屋大学と岐阜大学の状況を見て、

参入を考えたい。』としています。

コンサバな意見ですが、ビジョンが明確で

ないという点については、皆が異口同音です。

 

 

今や大学は、全入時代であります。

当然、そこには、問題が生じて参ります。

実際に、大学の授業内容の低下が、

叫ばれて久しく、文科省も何かしらの

策を考えているとか。

 

更に別件で、外国人留学生の所在不明の

問題もあります。しかし逆行する様に、

少子化対策の一環として、授業料の免除も

叫ばれます。

 

オーストラリアでは、90%が大学に進学します。

それは、授業料を大幅に減額した政策をとった

からなのですが、様々な社会問題も起きました。

 

さて、次代の日本はどうなるのでしょうか?

ブログ一覧に戻る