岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  定期テスト

BLOG
長良校
2019/06/15
定期テスト

長良校の地区でも、各中学校で前期中間テストが終了し、残すところは後、青山中学校と岩野田中学校のみとなりました。

 

 

 

 

結果が返却されている長良中学校では、ある教科で100点を取った子や、

450点以上を取ってきた子、点数が大幅UPし、目標の400点どころか430点以上を取ってきた子と、嬉しい結果が様々です。

 

 

 

 

このような良い結果だけでなく、思っていたようにいかなかった子もいます。

 

その子なりに悪かった点を考え、次回につなげていく。

そこに親さんや私たちの意見も取り入れて、次回こそはと頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

さて、こんなことを言っては元も子もないですが、

 

良い結果だった子も、悪い結果だった子も、今回の点数はあくまで“一時的な”「結果」でしかありません。

 

 

 

今回のテストに向けた勉強の過程も、その結果として出たテストの点数も、

 

あくまで「過程」です。

 

 

 

 

全ての子に対して、個人的な考えを言えば

 

 

「今は道の途中なんだから。最終的にゴールにたどり着けば良い」

 

 

と思っています。

 

 

ゴールは学力の定着や、合格、目標とすることを叶えること、ではないでしょうか。

 

(とはいえ、残念ながら定期テストは先生が明確な基準をもって内申点をつけるための道具なので、

そういう意味では重要になってしまいます………残念ながら。。。)

 

 

 

 

 

 

一見すると甘やかした発言に感じられるかもしれませんが、私としては逆です。

 

 

「なぜゴールへの過程なのに、やるべきことを先延ばしにするのか」

 

「なぜまだゴールにたどり着いたわけでもないのに、一時的な結果をもって区切りがついたように感じているのか」

 

 

 

 

まだ全てが途中です。

ブログ一覧に戻る