岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  大学入試改革の今・3

BLOG
加藤 健一
2019/11/01
大学入試改革の今・3

今日、文部科学省の大臣発表にもあった様に、

大学入試における英語検定試験の採用が、見送り

となりました。直ぐに現高2生に、学校での先生

からのコメントを確認しましたが、ほぼ全ての

高校で、「無くなった。」とのコメントのみで、

詳細等については、ほとんど降りて来てはいない

ようであります。

 

元々の英語教育の改革と同じく、もう一つの大きな

改革案として、アメリカの様な(SAT)複数回

可能な受験システムもありました。日本の既存の

一発受験で将来が決まるのはあまりに、酷なので、

複数回受験を可能にして、子ども達の可能性を増や

して行きたいというのが趣旨です。

 

この事もそれ自体は、納得がいきます。確かに

チャンスが多いほうが良いでしょう。構想時には、

現状のセンター試験のようなものを年間2回行う

という案も誠しやかにささやかれておりました。

見送りになりましたが、英語の検定試験の複数受験

を認めていたのは、そのなごりであります。

しかし、当初の文部科学省の案は、現場からの様々な

問題提起で、ほぼ骨抜きの状態となっておりました。

この複数回受験も早々に見送られます。

 

当初は歴史上最大の改革などと声高でしたが、今や

何のための改革かさえ怪しくなっている状況です。

その他、まだ見送りにはなっておりませんが、解答

を「記述式」にするというものがあります。センター

試験は、マークシート式で行われておりました。その

一部を記述式にしてより深い知識を問うというもの

ですが、現状この形式についても批判が殺到中です。

 

採点者が本当に統一的な基準が持てるのか?とか、

受験者が自分の解答について、自己採点が出来ない!

などであります。数十万人の記述の解答基準を画一

するためには、初めから答えがある程度採点しやすい

問題にせざるを得ません。であれば根本的に記述に

する意味を失います。多様性を認める前提であれば

こその記述式のはずです。ちなみにこのファジーさは、

英語検定の記述部分である、「Writing」「Speaking」

でも大いに指摘されています。

採点基準や評価基準が、まったく不明瞭であるのです。

 

 

かくして、4年前に自身の能力を超えた大風呂敷の

改革案を発表した文部科学省は、ただただ混乱を起こ

しただけの後始末をこれから行うことになります。

皆様も御記憶にある、「ゆとり」教育の失敗と同じ

スパイラルがまだまだ続きそうであります。

ブログ一覧に戻る 次のブログを見る