岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  はじめまして(水野)

BLOG
羽島校
2019/02/16
はじめまして(水野)

羽島校のみなさん、こんにちは。

 

 

今年から羽島校で英語を指導しております水野と申します。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

加納高校愛(白梅の絆)が強い人です。

中学時代は卓球部で県岐商と関商工から推薦が来ました。

目がかなり悪いメガネじじいです。

社会(特に地理)が大好きです。

旅するのが好きです。

ガンダムも好きです。

熱帯魚も好きです。

昔はオオクワガタのブリーディングに精を出していました。

ブラックバス釣りのプロ、ガイドをやっていました。

自分のデザインしたルアーが全国の釣具屋で販売されました。

ヘヴィメタル(特にメタリカ)が大好きです。

バンドでギターをやっていました。

テル先生と羽島サマーフェスタで歌いました。

羽島校に通う息子がいます。

羽島校の高校生女子にはなぜか目が合うだけで笑われます。

小学生にはなぜか後ろから驚かされます。

中3女子には怒ってもいないのに「怖い」と言われています。

 

 

 

そんなワタクシですがよろしくお願いします。

 

 

 

羽島地区で子どもたちを指導し始めてから合計23年になります。

 

 

 

塾講師初期の頃の生徒たちはすでに40歳を超えています。

 

 

 

気が付けば、教え子の子どもさんもちらほら。

 

 

 

『ひろし塾』時代の教え子の弟さんもまだ居てたりします。

 

 

 

その当時に学校でバリバリ指導されていた仲の良かった先生方は

教頭先生や校長先生されてたりしています。

 

 

 

たまに遊びに来てくれる教え子たちは、

羽島市内の小学校で5名ほど先生をやっています。

 

 

 

もともと、桑原、中島、中央中学というのは指導していた生徒も多かったのもあり、

懐かしい感覚に浸っています。

 

 

 


 

 

 

来年度も引き続き正木・羽島校の両校で教鞭をとることになりました。

 

 

 

英語に関しては特に強いこだわりを持って指導しています。

 

 

 

英語に関しては、「ゆとり教育」が方針転換され、学習する内容がどんどん増えていっています。

2020年から始まっていく新しい指導要領ではさらにそれが加速していきます。

小学校で遅れたらほとんどリカバーできないレベルのものを学ばなければなりません。

「中学生になったら頑張ろう」は非常に間違いなく危険なフレーズとなります。

 

 

 

小学校の授業で英単語600語なんて「示す」だけでも大変だろうと思います。

ましてや身に付けさせるとなると相当やらせないとダメです。

習い事も大切ですが、週2回くらいはちゃんと書く英語を習うことは大切です。

中学のテストはやはり「書き」が中心です。

単語が正確に書けるようになれば定期テスト90点は維持できます。

 

 

 

中学校の1600〜1800語は小学校の600語を前提にしているとも言えます。

だから小学生でやってないと中学で間違いなくついていけない。

 

 

 

明日成では小学生からキッチリ英語を指導しています。

これは正木校の生徒の第4回岐阜新聞テストの結果です。

 

 

 

特に英語を頑張って勉強している2人ではありませんが、

100点を取ってきました。

全4回ある岐阜新聞テストで一度も90点を下回ることはありませんでした。

学校の実力テスト含め、この程度のテストならば

自然に

点を取ってきます。

努力なしで。

 

 

 

これが中学生英語の理想形。

そのためには、小学生からの基礎作りが本当に大切です。

英語を好きになり、

コツコツ努力することを学び、

できる喜びを知り、

得意科目になっていく。

 

 

 

そんな明日成英語を味わってもらいたいです。

 

 

 

明日成羽島校 水野

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る