岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  ことばのレベル設定(のぶや)

BLOG
鏡島校
2020/06/17
ことばのレベル設定(のぶや)

みなさんは子どもに声をかけるとき、伝わるようにと簡単な単語を使っていませんか?

それでは子どもたちの語彙は増えません。

 

どういったら伝わるかを考える事は、誰しもがやっています。

ですが、使用する言葉のレベル設定に気を遣う方は、多くはいないと思います。

 

例えば私は、小学校低学年の時に母親から「あんたは本当に内弁慶、外地蔵やな~。」なんて言われていた記憶があります。

8歳くらいの男の子で、内弁慶の意味が分かる子はなかなかいませんよね。笑

でもその体験が、辞書をひいて調べるという習慣へのきっかけになりました。

 

よく考えてみれば、赤ちゃんは周りの大人が使う言葉から日本語を学習します。

それと同じで、知らない単語を使うということは非常に大切な事なのです。

語彙量が少ないと、日本語で書かれた問題を解くことはできません。

 

是非、単語のレベルを意識してみて下さい。

お子様の語彙量を増やせるのは、会話量の多い保護者のみなさまだけなのですから。

 


p.s.

理系科目につまずく子の多くは「計算できない」ではなく「問題が正確に読めない」です。

 

次回は私の挑戦について書きます。

ブログ一覧に戻る