岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  老人の知恵

BLOG
加藤 健一
2017/09/25
老人の知恵

昔から「亀の甲より、年の功」と言われ老人の経験に

おける知恵を『貴重な物』とする習慣がありました。

過去の経験から学んだことは、現代に必ず役にたつ

ものであるという認識は、多分今も昔も変わりませんが、

その知恵を学ぶ機会は、きっと大幅に異なります。

 

1953年の全国での世帯数は、約1,800万件でした。その時の

平均世帯人数が、約5人です。この2つの数字の掛け算が

おおよその人口となります。(ざっくりとですが・・・)

2016年での同じ資料では、世帯数は、約5,000万件で、

平均世帯人数が、約2.5人です。この半世紀で家の中に

住んでいる人の数は半分になったのです。

 

以前、わからない事は、先人に尋ねましたが、今では、

インターネットで調べます。答えは全国どころか世界から

返ってきます。しかも、素人のみならず専門家からの

意見もその科学的根拠なども交えてすぐさまやって参ります。

むしろ、老人の英知は、時代遅れな印象さえ持つ人も

多くて、その声は届かないばかりか求められることも減りました。

 

これからの日本の人口構造は、ご存知の様に『超高齢化』へと

真っ直ぐに進んで参ります。そのなかで高齢者の知恵を

活かす機会をどう作っていくのかが大きな鍵だと思う、

今日この頃であります。

 

ブログ一覧に戻る