岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  岐阜県公立高校入試の変更。(木全)

BLOG
鏡島校
2017/06/22
岐阜県公立高校入試の変更。(木全)

明日成 鏡島校 木全です。

来春 2018年度岐阜県公立高校入試において

変更点が発表されました。

まずは、学区制の廃止

これにより岐阜県内の普通科はどこでも受験できるようになり、

全ての公立高校について自由に受験校を選ぶことができます。

今まで隣接学区については受験可能でした。

しかし、例えば高山地区から岐阜高校を受験するということは、

下宿になるということもあり、この変更による影響は限定的なものではないかと考えます。

隣接学区を更に超えて受験するケースは人数としては多くはないのではないでしょうか。

そして、もう1点。

岐阜高校が「単位制」となります。

これにより、履修科目に選択の幅ができるため、

国公立大学受験、

難関私立大学受験、

英語に対する強化、

いろいろなコース分けが考えられます。

もちろん文科省の定める範囲においてですが。

しかしながら、岐阜高校ですので、

どんな具体的な形を作り上げていくのか興味深いところです。

 

高大接続改革と共に

受験のスタイルは大きく変わっていくことが考えられます。

例えば小中学生に対しても

高校受験情報だけではなく、

大学受験情報も含めてお伝えしていきたいと思います。

ブログ一覧に戻る