岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  伏せたコップの上から(水野)

BLOG
正木校
2017/06/21
伏せたコップの上から(水野)

たまには教育のお話。

 

先日、

「凛とした日本人の生き方」(鍵山秀三郎翁著)という本を拝読させていただきました。

その中にあった国民教育の師父として著名な森信三先生の言葉のご紹介です。

 

『どんな素晴らしい教えでも、相手が心を開かなければ伝わらない。

それは伏せたコップの上から水を注いでいるのと同じである。

まずコップを上に向けさせることが大切だ。』

 

という言葉。まさに教育の真髄だと思います。

 

聞く耳を持たない生徒に、どんないい話を聞かせても、

理解してもらえないばかりか反感を買うかもしれません。

何よりも相手の心を開かせ「もっと聞きたい」「学びたい」という気持ちを起こさせるところに

教育の原点があると思います。

大切なのは「教化」ではなく「感化」であると思います。

 

 

長年、塾の先生として子どもたちの前に立ってきましたが、

何よりも大切にしているのは

【子どもがどこを向いているか】です。

ただいま絶賛面談期間中ですが、よくこの話になります。

まずは子どもたちが自分に対して信頼してもらえているか。

学校という場所ではなく、

親族でもない赤の他人として身近な信頼できる大人になることが大切なのではないかと思います。

 

 

私たちはよく休み時間に子どもたちをワイワイ遊んでいます。

汗だくになって今は卓球を頑張っています。

簡易ネットも買いました(笑)

 

 

そうして子どもたちとの距離を近くに保つことにより、

いろんな話をしてくれるようになってきます。

進路の相談だけでなく、

友人関係、学校の先生の話、恋愛話…授業外ではそんなコミュニケーションを軸として子どもたちと接しています。

だから卒業生たちもよく集まってきます。

 

 

これが明日成って塾。

学びを通じて、人間形成はできます。

休み時間は汗を流し、授業中は集中。

授業後は、生徒といろんな話をする。

目標に向かって自分の頭で考えて努力し続ける。

明日成はそんな塾です。

 

 

明日成正木校 水野

 

ブログ一覧に戻る