岐阜県岐阜市・瑞穂市・本巣市・羽島市の小学生・中学生・高校生の学習塾(集団授業・個別指導)は "asuna" !

「asuna」の強み 入塾をご検討の方へ 校舎案内・講師紹介 会社情報 お問い合わせ リクルート

トップページ  >  ブログ  >  英語を話す機会(水野)

BLOG
正木校
2018/03/09
英語を話す機会(水野)

さて、英検の2次の結果が返ってきた。

4回ほど練習したのだが、2級、準2級で1名ずつ不合格( ;∀;)

なかなか2次試験は難しいね。

悔しい。

 

 

 

コミュニケーション能力が長けていても、なかなか英語で表現するのは難しい。

最初は、頭に思いついた日本語を英語に変換するのだが

いつも英語で表現する癖がないと頭が完全にフリーズする。

えらそうに語るワタクシも試験中にフリーズ経験がある。

もう1度止まるとそこからは精神崩壊になったりもする。

 

 

 

面接は一定のパターンはあるのだが、

本番で同じ問題が出題されることがないので

一定期間は練習をし続けないとダメだね。

 

 

 

あとは、試験官のアタリハズレもある。

聖徳の2次試験では、日本人の老人男性が試験官だったらしい。

生徒たちは

「何を話しているかさっぱりわからへんかった」

と言っていた。

そんなことも普通にあること。

 

 

 

 

これからの英語入試改革に向けて

英検はある程度「形」になった。

もちろんこれからもっと精度を上げていかねばならない。

 

 

 

 

英語改革年度周辺の生徒たちにとってはなかなかハードルが高くなるが、

英語なんて経験値と触れてる時間が増えればなんてことはない。

 

 

 

 

英語ができない生徒は単純に英語にかけてる時間が少ないだけ。

他の科目とは考え方も全然違う。

僕らの指導の仕方も理系とは違う。

薄紙を塗り重ねるようにコツコツ知識を積み重ねていかねばならない。

 

 

 

 

明日成正木校 水野

 

ブログ一覧に戻る